診療メニュー

脱毛後のアフターケアが重要な理由

医療脱毛のアフターケア

医療レーザー脱毛では、脱毛施術の後から次の施術までの間が非常に重要です。
「アフターケア」と聞くと少し面倒そうに思えますが、特別なことは必要ありません。
日常の中で少し気をつけていただくだけで、次の施術で痛みが少なくなるだけでなく、脱毛効果もアップします。

医療レーザー脱毛に限らず、脱毛後の肌はバリア機能が低下し、通常より乾燥してしまうため、その点を補うケアが主に必要になります。脱毛後の注意点も含めて確認していきましょう。

脱毛当日のアフターケア

医療脱毛当日のアフターケア

町田マリアクリニックでは施術の際に、照射直後のアフターケアとして軟膏の塗布とアイシング(冷却)を行っています。
これからご紹介するのは、ご自宅でのアフターケアについてです。
医療レーザー脱毛にはダウンタイムはありませんが、当日から気をつけていただきたいことがいくつかございます。

①赤みやかゆみがある場合は薬を塗布

当日~三日後くらいまでは、照射した部位に赤みやかゆみが出てしまう可能性があります。
しかし、これは一時的なもので、数時間から数日で消退していきますのでご安心ください。
念のため炎症止めのお薬を処方しておりますので、赤み・かゆみなどの症状がある場合はご使用ください。
それでも改善されない場合はすみやかにお電話にてご連絡ください。診察代・お薬代は無料で、お肌の状況を確認させていただきます。

②当日は入浴せずシャワーのみ

脱毛施術当日は、入浴やサウナなどは控えるようにしてください。
脱毛後は毛穴に熱がこもっている状態のため、さらに熱が加わると赤みやかゆみが表れやすくなってしまいます。
また、脱毛後の肌は刺激に弱い状態のため、身体を洗うときはゴシゴシ擦らないようにしましょう。
お風呂上りには乾燥を防ぐため、ボディクリームなどでしっかり保湿を行ってください。

③顔脱毛後のクレンジングは優しく

顔脱毛後のメイクは問題ございません。その際は、ベースメイクの厚塗りは避け、軽いお化粧にすることがおすすめです。
というのも、脱毛当日のクレンジングには注意が必要です。
クレンジングは洗浄力が強いものもありますので、なるべく肌に優しい製品を使用し、擦らずに手早く落としましょう。
メイク落としシートなどは肌を強く擦ってしまう原因になるため、摩擦が少ないオイルやクリームがおすすめです。
薄付きのメイクならクレンジングも簡単に済ませることができます。
次にお化粧をするときは、メイク前の保湿をしっかり行うと、肌の乾燥を防ぐだけではなく、ベースメイクの持ちも良くなります。

施術翌日~次の予約日までのアフターケア

翌日からはアフターケアをつい忘れてしまいがちですが、習慣化してケアしていくことが重要です。
脱毛を抜きにしても、いずれも肌にとって大切なことであるため、意識して行っていくと良いでしょう。

肌の保湿をこまめに

医療脱毛の施術翌日~次の予約日までのアフターケア

入浴の注意点でも触れましたが、医療脱毛のアフターケアとして重要なことの一つが「保湿」です。
とはいえ、美顔器などスチーマーや高級な化粧品は必要ありません。
いつもお使いのボディクリームや安価に手に入る保湿グッズで問題ありません。
特に水に触れた後、お風呂上がりや洗い物のあとは乾燥しがちです。忘れずにしっかり保湿するようにしましょう。
乾燥肌は痛みを感じやすくなる原因にもなるため、しっかり保湿された肌は次の脱毛での痛みも少なくなります。

また、保湿は乾燥を防ぐだけではなく、肌の新陳代謝を上げるためにも必要です。
お肌のターンオーバーが促されることで、古い角質がなくなり新しくきれいな肌が表に出てきます。
ムダ毛も肌荒れもない肌のためには、シンプルなことですが保湿がカギを握っています。

脱毛後の注意点

ここまではケアという観点での注意点をご紹介いたしました。
脱毛後のお肌を守るために、その他に気をつけていただきたいことを数点ご紹介いたします。

日焼けを防ぐ紫外線対策

医療脱毛期間中は日焼けを防ぐ紫外線対策が必要

医療脱毛後の肌は軽いやけどのような状態になっています。日焼けも同じく、肌が太陽光でやけどしている状態です。
そのため、脱毛施術後に日焼けをしてしまうのは、やけどを重ねることになり、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、日焼けをすると肌が非常に乾燥します。上記でもご紹介した通り、乾燥肌は脱毛に相性が悪い肌質です。
痛みを少なくし、脱毛効果を上げるためには、日焼けを避ける必要があります
日焼け止めを塗ることはもちろん、長袖の着用も効果があります。意識的に紫外線対策は行うようにしましょう。

脱毛期間中の自己処理は毛抜き・ワックスNG

医療脱毛期間中の自己処理は毛抜き・ワックスNG

脱毛期間中でも新しいムダ毛は生えてきます。これは毛周期という毛が生えるサイクルによるもので、新しく伸びてきた毛に照射していくことで脱毛を行っていきます。
このとき生えてきたムダ毛を自己処理する際や、脱毛施術の前の自己処理には注意点があります。

毛抜きやワックス・除毛クリームなど、表面の毛だけではなく毛穴の中の毛まで処理してしまう方法は絶対に行わないでください
脱毛レーザーは、毛に含まれるメラニンに反応して熱を発生させます。毛穴の中に毛がなくなってしまうと、レーザーが反応できず、脱毛効果が表れなくなってしまいます。
自己処理の際は、表面の毛だけを剃り、肌に直接刃が触れない電気シェーバーをおすすめします。

当日の飲酒・激しい運動は控える

先ほど脱毛当日は入浴を控えるようにとお伝えしましたが、同じく体温が上がる飲酒や激しい運動は控えてください。
血行が良くなり、体温が上がると肌が乾燥しやすくなります。
普段は飲酒や運動で肌が乾燥するという感覚がない方も、脱毛後の肌は通常の肌の状態とは異なるため、注意が必要です。脱毛後の予定にはお気をつけください。

まずはお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同あなたの豊かな暮らしを応援します!

  • ご予約はこちら
  • 無料相談はこちら