そばかす(雀卵斑)

シミ治療

『赤毛のアン』や『あしながおじさん』など、外国の物語に登場する少女に多く描かれるそばかす。多少のそばかすはチャーミングな印象にもなりますが、色の濃いものや顔全体に散らばるようなものは顔全体がくすんで見えてしまいます。

そばかすは先天的に発症するケースがほとんどですが、まれに後天的に発症することもあります。どちらのそばかすも皮膚科の治療で簡単に消すことができますので、ご自身でそばかすを消そうとお考えの方も当ページをきっかけに、皮膚科でのそばかす治療に興味を持っていただけますと幸いです。
当ページではそばかすの特徴や原因を詳しくご紹介し、そばかすに適した治療方法をご案内致します。

そばかすの特徴と原因

そばかすの特徴と原因

そばかすはシミの一種で、正式な名称を「雀卵斑(じゃくらんはん)」といいます。スズメの卵の柄と同じく、直径3~5mmの点々と茶色い色素が散らばった形状をしていることからそのような名称がつけられたようです。
そばかすは顔全体に散らばっているケースや目の下あたりで横に広がっているケース、頬全体に点々と存在するケースなどさまざまな症状が見受けられます。

先天的(幼少期など)にできたそばかす

幼いころからあるそばかすは遺伝的な理由で発症しているケースがほとんどです。
そばかすはもともと白人に多い形質で、白人のような色白の体質が遺伝するとそばかすができやすいといわれています。
このような先天性のそばかすは、ほとんどの場合成長するにつれ自然に消えていきます。ただし、自然に消えるとはいえ、そばかすが濃い(多い)うちは紫外線を吸収しやすい状態ですので、悪化させないよう日焼け止めを欠かさず行いましょう。

後天的(成人後など)にできたそばかす

成人後など後天的にできたそばかすは、紫外線や皮膚への摩擦、喫煙習慣などが原因で発症するケースが多くあります。そのなかでも最も大きな原因は紫外線です。そばかすは身体を老化させる「活性酵素」という物質が過剰生成されることで発症するといわれており、紫外線を多く浴びることで多く生成されます。また、活性酵素は肌への摩擦や喫煙などでも生成されますので、そばかすの悪化を防ぐためには紫外線・摩擦・喫煙に注意して生活しましょう。

そばかすの治療方法

そばかすは小さい斑点が多く散らばった症状なので、黒い色素にピンポイントで作用するような治療方法よりは肌全体に美白効果をもたらすような治療方法が適しています。
主な治療方法として、柔らかな照射パワーを持つ「光治療」、肌表面を薄くはがす「ケミカルピーリング」、身体の内側から美白効果を与える「点滴・注射」の3つをご紹介します。

光治療(フォトフェイシャル)

複数の波長をもち、肌全体の活性化を促す光治療です。レーザーのような単一の強い光線ではないので、肌全体に柔らかく作用し、照射後にダウンタイムがありません。
そばかすにレーザーを照射すると肌への刺激が強すぎて色素が濃くなってしまう可能性があります。そばかすは細かい斑点が散らばった形状ですので、薄い色素にも反応する特性を持つ光治療が適しています。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、薬剤によって肌の表面を薄く溶かして新しい皮膚の再生を促す治療です。ニキビ治療として有名なケミカルピーリングですが、色素の薄いそばかすであればニキビの赤み鎮静化と同様、ピーリング作用で表皮の色素を改善することができます。

ケミカルピーリングについて
詳しくはこちら

美白点滴・注射

美白作用のある成分を配合し、点滴や注射で体内へ直接注入するそばかす治療方法です。
美白作用のある成分としては「ビタミンC」「プラセンタ」「タチオン」といったものが挙げられます。
美容点滴はサプリメントや美白化粧品と比べ、無駄なく効率的に有効成分を体内に届けられます。さらに、身体全体に美白効果を与えて肌質全体を変えていくことができるので、そばかすにぴったりな治療方法です。

そばかす治療なら町田マリアクリニック

当院は安全で効果的なそばかす治療のご提供をお約束致します。そばかすのほかにもシミや肝斑、しわ、たるみなど肌のお悩みが複数ある場合でも、患者様の肌の状態をしっかり診察し、適切な治療方針をご提案致します。

的確な診察と最新医療設備による効果的なそばかす治療で、皆様の美肌づくりをサポート致します。

シミ治療の関連記事

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都町田市原町田6-14-15
ヴィンテージビル3階

アクセス

小田急町田駅東口より徒歩1分