炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは

炎症後色素沈着は、茶褐色のシミ

炎症後色素沈着とは、炎症をきっかけに肌内部にメラニンが溜まってしまう状態です。
ニキビや湿疹、傷、火傷、虫さされなどの炎症が起きると、お肌は新しい細胞を作り、炎症によるダメージを回復しようとします。
その時、メラノサイトが刺激をうけて、メラニンを過剰生成してしまうのです。
メラニンは、適量であればターンオーバー(肌の新陳代謝)により、一定期間で垢として肌の外に排出されます。
しかし、多量のメラニンは排出しきれず、肌内部に長い間蓄積してしまうのです。

※メラノサイトとは…表皮層の中に存在する、メラニンを作り出す細胞。

炎症後色素沈着の原因は大きく分けて2つ!

①ニキビ、湿疹、虫さされ、傷、火傷などはっきりとした炎症によるもの
②洗顔などで肌を強くこする、刺激の強い化粧品、毛抜きの使用、ピーリングなどによる見た目にはわからない程度の炎症が長期的に続いた場合

このページでは主に①によるものに焦点を当てています。
②によってできた色素沈着も、美容皮膚科で治療することができますのでご安心ください。

炎症後色素沈着は、シミ・ニキビ跡と何が違うの?

町田マリアクリニックが炎症後色素沈着と他のシミの違いについて解説

町田マリアクリニックには、シミについてのご相談がたくさん寄せられます。
その中でも、「炎症後色素沈着は、一般的なシミやニキビ跡と何が違うの?」というご質問が目立ちますので、こちらで解説いたします。

炎症後色素沈着と一般的な「シミ」は別物

シミは厳密に言うと、炎症後色素沈着やそばかす、肝斑などをはじめとした色素病変の総称です。
そのため、広い意味で捉えるならば、炎症後色素沈着もシミの一種だと言えます。

ただし、世間一般では、加齢等により表れる老人性色素斑だけを「シミ」と呼ぶことがほとんどです。
老人性色素斑は、紫外線などの外部刺激により長年メラニンが蓄積されたことにより生じるため、炎症が原因となる炎症後色素沈着とは別物となります。

なお、以下に続く解説では、「シミ=色素病変の総称」といたします。

老人性色素斑について詳しくはこちら

炎症後色素沈着には、茶色いニキビ跡も含まれる

ニキビ跡は、「クレーターのように肌が凸凹するもの」と「茶色いシミのようなもの」に分けられます。
後者に関しては、炎症後色素沈着といえます。
先ほどの解説のとおり、ニキビの炎症がメラニンを増やすきっかけとなり、肌内部に蓄積してしまうのです。

炎症後色素沈着を治すには?

炎症後色素沈着を治すには、ターンオーバーを正常化する必要がある

冒頭にて、炎症後色素沈着は、過剰に生成されたメラニンが肌内部に蓄積している状態とお伝えしました。
このことから、新たなメラニンの生成を抑えたうえで、溜まっているメラニンを肌の外に排出していけば、炎症後色素沈着は落ち着いていくとイメージしていただけるでしょう。

まず、メラニンの生成量を抑えるためには、メラノサイトのはたらきを落ち着かせる必要があります。
メラノサイトはニキビや火傷などの炎症がきっかけとなり過剰にはたらくことから、炎症が治り始めればメラノサイトのはたらきも落ち着いていきます。

次に、メラニンを肌の外に排出するためには、ターンオーバーを活性化させることが大切です。
炎症後色素沈着はメラニンが肌に溜まっている状態であるため、肌の外に排出すれば薄くなっていくというわけです。
しかし、ターンオーバーは、次にご説明する原因により滞ってしまうことがあります。

ターンオーバーが滞る主な原因

■生活習慣の乱れ
睡眠不足、運動不足、偏った食生活、喫煙 など
■間違ったスキンケア
十分に洗顔できていない、保湿が足りない、肌にゴシゴシと摩擦を加えているなど
■ストレス
■紫外線

ターンオーバーが滞ると、炎症後色素沈着だけでなく、様々な肌トラブルが生じてしまいます。
正常なターンオーバーが続けばトラブルが起こりくい肌が育っていきますので、無理なくできることから改善してみてくださいね。

気になるシミがあるなら、まずは医師に診てもらいましょう

炎症後色素沈着を治すには、まずはシミを判別する必要がある

炎症後色素沈着はターンオーバーが正常にはたらくことにより薄くなっていくため、自然治癒も見込めます。
しかし、メラニンが肌の奥深くまで沈着していたり炎症が起こりやすい体質だったりすると、ターンオーバーを滞らせないように心がけても、なかなか治らないこともあるのです。

また、シミはいくつも種類があるうえに、併発していることもめずらしくありません。
炎症後色素沈着は茶褐色のシミですが、他のシミでも茶褐色に見えるものはございます。
シミの中には、ターンオーバーだけでは改善が見込めないものもあることから、なかなか消えないシミは炎症後色素沈着ではない可能性もあります。

これらをふまえると、気になるシミがあってもご自身で炎症後色素沈着とは決めつけず、医師の診断を受けることが、シミを治す近道といえます。

炎症後色素沈着の治療方法

  • 顔など目立つ部分にあるのですぐに治療したい
  • 対策をしてもなかなか改善されない
  • 何年も留まっている炎症後色素沈着がある

上記のように、自然治癒がなかなか見込めない方や炎症後色素沈着をなるべく早く治したい方には、美容皮膚科で適切な治療を受けることをおすすめいたします。

以下では、町田マリアクリニックの炎症後色素沈着の治療方法について、特徴と効果を詳しく解説いたします。

フォトブライト(ライムライト)

フォトブライト(ライムライト)は、炎症後色素沈着の治療法の中でも特におすすめです。
顔に光を当てるだけで、薄い色から濃い色まで幅広いシミに効果を発揮します。
また、広範囲に光を照射できることから、顔全体にシミが複数ある場合でもしっかりと対応できる点もポイントです。
さらに、シミやくすみだけでなく「赤み」にも効果的であるため、フォトブライトは透明感のある美白肌を目指すにはうってつけの治療だと言えます。

レーザートーニング

レーザートーニングとは、弱い出力に設定したレーザーを、シミの部分に何度も照射することで、肌内部にあるメラニンを少しずつ排出する治療方法です。
治療中の痛みはほとんどなく、治療後のダウンタイムもないため、日常生活に影響を及ぼさない継続的な治療に向いている方法として評価を得ています。

またレーザートーニングでは、シミだけではなく、くすみやシワ、毛穴の開き、肌のキワの乱れといった、総合的美容効果が期待できることが特徴的です。

レーザートーニングについて詳しくはこちら

シミ取りレーザー(Qスイッチヤグレーザー)

炎症後色素沈着などのシミは黒色メラニンが沢山集まって作られています。
レーザーはメラニンに反応しピンポイントに照射することができるので、肌との境界のはっきりした濃いシミに効果的です。
照射範囲も広くなく、肝斑と複合していない炎症後色素沈着であれば、1、2回の照射で綺麗に治療することができます。

ケミカルピーリング

ニキビなどの炎症にも有効的なケミカルピーリング。
ケミカルピーリングはサリチル酸やグリコール酸など酸の作用よって肌表面に溜まった角質を溶かし、強制的にターンオーバーを促します。
広い面に対応することができるので、大きなシミや顔全体のくすみなどにも有効です。
また現在あるニキビにも効果があるので、ニキビとニキビ跡が混在しているようなときには、今あるニキビが炎症後色素沈着にならないようにという予防の意味でもケミカルピーリングをお勧めしています。

内服薬・塗り薬

町田マリアクリニックでは、シミの状態によっては内服薬や塗り薬での治療をご提案させていただくこともございます。
お一人おひとりの症状に合わせて、メラニンの生成を抑える薬剤やメラニンの排出を促す薬剤を処方いたします。

シミ治療が原因で炎症後色素沈着が起きる!?

炎症後色素沈着は、シミ治療としてレーザー照射やケミカルピーリングなどの施術後にも発生することが稀にあります。これはレーザー照射後の敏感な肌に、紫外線や外部の刺激が加わることで起こる可能性が考えられます。

ただし、これも通常の炎症後色素沈着と同じく、ターンオーバーが正常に働いていれば、自然と薄くなり目立たなくなる症状です。
そのため、万が一、レーザー治療により炎症後色素沈着が出来てしまった場合には、内服薬や塗り薬の処方などで改善を目指しますので、ご安心ください。

炎症後色素沈着・シミ治療なら町田マリアクリニックへ

町田マリアクリニックは、あなたのシミに最適な治療プランをご提案します

シミは種類によって適切な治療方法が異なるため、むやみに市販薬や化粧品を使うと悪化する恐れがあります。
安全にシミを治すためにも、まずは医療機関を受診することを強くおすすめいたします。

町田マリアクリニックでは、医師が診察にてシミの種類を見極め、あなたの症状や肌質に最適な治療プランをご提案させていただきます。
万能なフォトブライトからピンポイントのシミに効果的なレーザーまで、あらゆる治療法をご用意しておりますので、きっとあなたのお役に立てるかと存じます。

炎症後色素沈着をはじめ、シミやくすみなどにお悩みでしたら、ぜひお気軽に町田マリアクリニックまでご相談ください。

シミ治療の関連記事

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都町田市原町田6-14-15
ヴィンテージビル3階

アクセス

小田急町田駅東口より徒歩1分