東京・町田で
ヒアルロン酸注射を
お考えの方へ

  • 最近ほうれい線が目立ってきた…
  • 目の下のクマをスッキリさせたい
  • フェイスリフトなどの切る手術はしたくない
  • 涙袋が欲しい
  • バレずに鼻を高くしたい

このようなお悩みの方へ。
ヒアルロン酸注射なら、手術よりも負担が少なく、すぐに効果を実感していただけます。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は化粧品から栄養ドリンクまで様々に用いられており、美容を心掛ける女性にとって、ヒアルロン酸はとても身近な存在かもしれません。
そのようなヒアルロン酸ですが、用途は大きく分けて二つあることをご存知でしょうか?

ヒアルロン酸の効用①お肌にハリをもたらす

ヒアルロン酸でお肌のハリ効果

ヒアルロン酸は肌、目、関節液など体内のいろいろな部位に含まれている成分です。
皮膚では特に真皮層に多くあり、お肌の中の水分を保つ働きをしています。
その保水力は1gで約6リットルとも言われており、肌をみずみずしく潤すために大変重要な成分でもあります。また、真皮の中にあるコラーゲンやエラスチンの隙間を埋め、それらの働きを助け、お肌の弾力やハリをもたらします。
しかし残念ながら、ヒアルロン酸は加齢と共に失われていく成分なので、年を重ねるほどお肌の弾力がなくなり、たるみやしわが形成されるようになってしまうのです。

ヒアルロン酸の効用②注射でプチ整形

ヒアルロン酸注射でプチ整形効果

ヒアルロン酸といえば、注射での鼻を高くする隆鼻術や、しわやたるみを引き上げるアンチエイジング治療など、ちょっとした「プチ整形」に利用されるケースもございます。
美容皮膚科で取り扱われるヒアルロン酸注射はこちらです。

また、化粧品では液体のイメージが強いヒアルロン酸ですが、プチ整形で使用されるヒアルロン酸は、最終的に軟骨のような柔らかくもしっかりと弾力のある質感となります。
ヒアルロン酸注射でのプチ整形は、切らずに注射のみでお顔にメリハリをつけて華やかな印象にすることができるので、当院でも大変人気の施術です。
ヒアルロン酸注射によるプチ整形でも、その保水力は高く、しわを隠すだけでなくお肌に潤いをもたらすので、より若返った印象を持ちます。
今回は、プチ整形としての「ヒアルロン酸注射」施術を中心に詳しくご紹介します。

ヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸注射による効果は多岐にわたります。
鼻や涙袋などの整形分野から、目の下のたるみや小じわを埋めるアンチエイジングまで様々です。どれも、患者様の「理想のお顔」に近づけるといった面では共通した効果をもたらします。

代表的な部位ごとにヒアルロン酸注射の効果をご紹介します。

深いほうれい線も解消!
しわ、たるみのリフトアップ効果

眼瞼下垂、ほうれい線、ゴルゴラインを効果的にヒアルロン酸注射で解消

  • 目の上のたるみ(眼瞼下垂)
  • ほうれい線
  • ゴルゴライン(ミッドチークライン)

加齢に伴って現れるまぶたのくぼみやほうれい線は、保湿クリームや美容液などでの改善は難しいもの。
ヒアルロン酸注射なら、しわやたるみの溝を補充し、リフトアップさせることができます。

糸などを使用するリフトアップ手術とは違い、ヒアルロン酸注射は切らずにしわやたるみのお悩みを解消し、数年前の自分の顔立ちに若返ることができます。

ヒアルロン酸注射で憧れのEラインに!顎、唇、鼻の整形

ヒアルロン酸注射でEラインの整形効果

  • 鼻筋

美人の条件ともいわれるEライン。Eラインとは、横顔を見たときに、鼻と顎の先端を結んだラインを「Eライン」と言い、このラインに唇がかからないことが美しいとされています。

ヒアルロン酸注射では、「鼻筋」「唇」「顎」のライン形成が可能です。西洋人に比べ、顎の発達が少ないといわれている日本人は、このEラインにコンプレックスを抱えている方も多いようです。ヒアルロン酸注射で顎や鼻筋に注入することで、はっきりとしたEラインを手に入れることができます。

頬こけ解消に!ヒアルロン酸注射でふっくら若返り効果

ヒアルロン酸注射で頬こけ解消効果

  • くま

加齢やダイエットでこけた頬や、眼の下のクマは、実年齢よりも老けて見られたり、疲れた印象を与えたりと、あまり良いことがありません。
ヒアルロン酸注射なら、こけてしまった部分へ少しずつ注入することで、自然にふっくらした頬へと若返らせることができます。

芸能人のような涙袋へ!涙袋形成ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射で涙袋形成

  • 涙袋

涙袋を作ることで、顔全体が愛らしい印象になります。
目の大きさ自体は変わりませんが、涙袋があると目が縦に大きく感じられます。

ヒアルロン酸注射の中でも、涙袋は10代、20代の女性に特に人気の施術。ヒアルロン酸注射では細かく注入量を調整することができるので、涙袋の理想の大きさ・形を実現することができます。

効果的にヒアルロン酸注射するなら、
「骨と筋肉のゆるみ」に着目!

効果的なヒアルロン酸注射

ほうれい線やしわは「皮膚」の問題だと思っていませんか?
しかし、ほうれい線やしわなどのある皮膚の溝にヒアルロン酸を注入すると、不自然な仕上がりになってしまいます。その理由は、ほうれい線やしわが目立ってくる原因にあります。しわの根本的な原因は皮膚ではなく、「骨と筋肉のゆるみ」にあると町田マリアクリニックは考えています。

「骨と筋肉のゆるみ」とは、日常で起こる「老化」です。
老化は皮膚に表れるしわだけなく、身体を動かすたびに骨や筋肉も衰えていきます。顔の表情筋は笑う・怒るなど喜怒哀楽を日々行いますから、筋肉や骨がゆるみ衰えていくことは自然なことです。
なかでも目元・鼻周り・口元といった凹凸のある部分は摩耗しやすく、骨の老化が多く見られる箇所だと言えるでしょう。代表的なものが、怒って眉間にしわが寄る、笑って口元のほうれい線の溝が深くなるといったものです。

だからこそ町田マリアクリニックでは、ほうれい線やしわ、たるみの根本原因となる骨が衰えた「骨の老化ポイント」をしっかりと見極めたうえでヒアルロン酸を注入することで、高い効果をもたらす施術を行っております。

骨の老化ポイントを見極めるために

骨の老化ポイントは、骨格や筋肉、そして皮膚の構造を熟知した医師が的確に判断する必要があります。

もちろん多くの美容皮膚科医師や専門家がその知識を持っていますが単に知識だけではなく、骨や筋肉を扱う形成外科的な知識と経験を兼ね備えていることが必要不可欠です。

ヒアルロン酸注射の
副作用とデメリット

ヒアルロン酸注射の副作用とデメリット

ヒアルロン酸注射は、注射のみで比較的手軽に行えるプチ整形です。しかしその一方で、注入量や注射の箇所を間違えてしまうなど、治療技術に対する医師の知識不足が原因で、施術後に副作用が生じているケースも報告されています。
当院にも、他院で施術したヒアルロン酸注射の修正を受けに来る方もいらっしゃいます。
安全なヒアルロン酸注射の施術を受けるためにも、リスクについて知ることは大切です。
考えられる副作用とデメリットについて詳しくご紹介いたします。

①術後の内出血や腫れ

起こる頻度としては稀ですが、注射の針が毛細血管を傷付けてしまうと、内出血や腫れが起こることがあります。
これは、顔の毛細血管はランダムに走行していますので、誰にでも起こるリスクだと言えます。
当院ではヒアルロン酸注射の際に血管にあたって内出血が起きた場合、圧迫止血を行い、内出血を最小限に抑えています。
小さな内出血の場合は、数日で治りますのでメイクで隠すことができますのでご安心ください。また腫れ(むくみ)の場合も、数日で解消されることがほとんどです。
顔が大きく腫れていたり、あざのようになったりするようでしたら、ヒアルロン酸注射を受けたクリニックに相談することをおすすめします。

②入れ過ぎによる痛み

ヒアルロン酸注射は本来、強い痛みを伴うような施術ではありません。痛みと言えば、一般的な注射をする際と同様に、針を指す痛みを感じる程度です。
ただし、注入するヒアルロン酸の量が多すぎた場合には、血管等が圧迫されることで、皮膚が突っ張られるような痛みを感じることがあります。
そのためヒアルロン酸注射を行う際には、医師が肌質や症状から「適量」をしっかり見極めることが重要なポイントとなります。
とはいえ、ヒアルロン酸の注入量以外の問題でも痛みが生じる可能性は存在します。それは、アレルギーによる痛みです。施術後の痛みが落ち着かない、もしくは腫れがひどくなったという副作用が起きた場合には、アレルギーの可能性がありますので、すぐに医師へご相談ください。

③皮膚の凹凸

ヒアルロン酸注射は、症状や肌質を見極めながら、均一にヒアルロン酸を注入する技術が求められます。しかしヒアルロン酸を均一に肌へと注入できなかったケースでは、皮膚が凹凸してしまうといった副作用が報告されています。
特に、ヒアルロン酸を比較的多く注入する輪郭形成を目的とする施術や、皮膚の薄い部分にヒアルロン酸注射を行う場合には、そのリスクも高まることでしょう。
ただし、ヒアルロン酸が均一に注入されていないことで起こる皮膚の凸凹は、ヒアルロン酸を溶かす「ヒアルロニダーゼ」という薬剤を注入することによって解消できます。
また施術直後であれば、マッサージで皮膚になじませることによって改善されることもあります。

④すぐに元の状態へ戻る

ヒアルロン酸注射の効果は、個人差もありますが、平均して3ヶ月程は効果が持続することが一般的とされています。
しかし、その効果の持続力は、ヒアルロン酸の薬剤によっても差が出ます。というのも、一言にヒアルロン酸といっても、注射で注入する薬剤には、品質の異なる種類があるからです。
質の悪いヒアルロン酸を使用しているケースでは、ヒアルロン酸の効果が長く続かず、すぐに元の肌状態へと戻ってしまうといったデメリットが生じた事例も多く報告されています。つまり、いくら施術料金が安くても、質の悪いヒアルロン酸薬剤を使用していることで、結果的に何度も施術を受ける必要が出てきて、費用もかさむといった問題も想定されます。
対して、ヒアルロン酸の純度が高ければ、体内に吸収される速度が遅くなりますので、効果が長持ちします。
ヒアルロン酸注射の施術を受けるクリニックを選ぶ際には、どのような薬剤を使っているのかという点にも、ぜひ注目してみてください。

ヒアルロン酸注射の副作用を防ぐためには技術力と症例数の豊富さが大事なポイント

いざ、ヒアルロン酸注射の施術をしようと考えた時、あなたはどのような基準で、クリニックを選びますか?費用が手頃、自宅から近いなど、ご自身として譲れないポイントも多くあると思います。
ただし、どんなに重要な条件であっても、「安全性」に勝るほど重要な条件はないことでしょう。そして、副作用の事例からもわかるように、ヒアルロン酸注射は、医師の技術力やクリニックの衛生管理によって安全性に差が生じる施術です。逆をいえば、それらが整っていれば、ヒアルロン酸自体に副作用はないため、非常に安全性の高い施術だと言えるのではないでしょうか。
技術力を見極めるポイントの一つは症例数の豊富さです。どれほどヒアルロン酸注射の経験があるかどうかは、医師の技術の精度に直結します。症例数が豊富であれば、安心できますね。
ヒアルロン酸注射は手軽で身近な整形手術です。だからこそ、副作用やデメリットをしっかりと踏まえ、満足のいく施術を受けていただきたいと、町田マリアクリニックは考えています。

ヒアルロン酸注射の
よくあるご質問

ヒアルロン酸注射の痛みが心配です。

当院ではヒアルロン酸注射の前に麻酔注射をいたしますので、施術中の痛みは少ないです。
注入量が多い場合、術後1週間ほど鈍痛を感じることがあるかもしれませんが、その際は患部を冷やすことによって痛みが治まります。

術後すぐにメイクできますか?

はい、ヒアルロン酸注射後、すぐにメイクをしてお帰りになれます。当院ではパウダースペースも設けておりますので、是非ご活用ください。

いつから効果を感じられますか?持続時間は?

ヒアルロン酸注射は、一箇所に対して5分~10分程度と大変短時間できることが特徴です。さらに注射後すぐに、見た目の変化がわかるほど、高い効果を実感できるというのも、嬉しいメリットだと言えるでしょう。

ヒアルロン酸の効果は、半年~2年と持続期間が長いことも特徴的です。
(※持続期間には個人差があります。)
効果が長く続くため、お忙しい方も安心して効果を実感することが出来ます。

ヒアルロン酸注射が失敗することはありますか?

ヒアルロン酸注射は、安全性の高い施術ではありますが、施術する医師の技術や知識不足による失敗が考えられます。

ヒアルロン酸は、肌に本来から存在する成分のため、極めて安全性の高い成分だと言えるでしょう。

稀ではありますが、施術を行う医師の技術や知識不足による失敗は、いくつか考えられます。
特に顔の皮膚は薄いため、ヒアルロン酸の注入の際には、肌質を見極めながら、適切な量を少しずつ注入する高い技術力が求められます。
この点で、適切ではない量のヒアルロン酸を注射することで、肌内部にヒアルロン酸が残り、注射部分にしこりや凹凸ができてしまうというケースがあります。

またヒアルロン酸薬剤には、いくつかの種類がありますが、低品質なヒアルロン酸薬剤を採用し、低価格で提供しているクリニックも少なくはありません。
低品質の薬剤を使ったがゆえに、ヒアルロン酸が体内に吸収しきれず、しこりになってしまうといった「失敗」へ発展するケースもあるのです。
そのためクリニックを選ぶ際には、安全性と効果が認められている、純度の高いヒアルロン酸薬剤を使用しているかどうかに注目することも、ヒアルロン酸注射の失敗を避ける要因にもなるといえるでしょう。
この点で、町田マリアクリニックでは、世界最大手メーカ―の「アラガン社」製のヒアルロン酸薬剤のみを厳選して使用しています。
このような失敗例からもわかるように、ヒアルロン酸注射では、豊富な技術力と高品質の薬剤を肌質に合った量と頻度で注入する診断力がとても重要となります。
そのためヒアルロン酸注射を受ける際には、医師の経歴はもちろん、カウンセリング等でいかに丁寧な信頼できる医師、クリニックかどうかを判断することも大切と言えるでしょう。

ヒアルロン酸注射の後、お風呂に入れますか?

ヒアルロン酸注射の当日は、シャワー浴程度に留め、お風呂に浸かるのは控えることをお勧めします。

ヒアルロン酸注射は、ダウンタイムが少なく、日常生活に影響を及ぼさないという点がメリットの一つと言えるでしょう。
ただし、ヒアルロン酸注射の当日は、代謝が良くなる行動は控えることをお勧めしています。
代謝が上がることで、注入部分の皮膚が腫れたり、内出血を起こしたりするリスクがあるからです。せっかく注射後に影響がでにくいヒアルロン酸注射を行っても、腫れや内出血をしてしまっては、その部分の肌が目立ってしまいますよね。

この点でいうと、お風呂での入浴は、身体が温まることで代謝が上がるため、施術当日は控えた方が良いと言えるでしょう。
とはいえ、シャワー程度であれば、問題ありませんが、洗顔の際に強く擦って患部に刺激をあたえることがないように注意してください。

また、激しい運動や飲酒なども代謝を上げてしまうため、施術当日は避けていただいた方が良いかと思います。

他のフェイシャル施術とヒアルロン酸注射を併用して受けることができますか?

はい。ヒアルロン酸注射は、他のフェイシャル施術との併用が可能です。

シミやほうれい線の改善に高い効果を示すヒアルロン酸注射ではありますが、さらに効果を高めるため、他のフェイシャル施術と併用して施術を受けたいとご希望される方も多くいらっしゃいます。

当院でも、ヒアルロン酸注射と併用していただける、光やレーザーでのフェイシャル治療をはじめとしたアンチエイジングメニューの数々をご用意しております。
さらにその他のフェイシャル施術との併用についても、気になる点やご心配の点がございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

ヒアルロン酸注射なら
町田マリアクリニックへ

美容整形に用いられることでも有名なヒアルロン酸注射ではありますが、町田マリアクリニックではヒアルロン酸注射を行う上で目指すゴールは「ナチュラルな仕上がり」です。

決して別人になるような治療ではなく、しわやたるみ、ほうれい線など、気になる部分の骨の老化ポイントにアプローチすることで、悩みを解決するサポートをするのが役目だと心がけております。

そのため気になる箇所を改善するためのご相談はもちろん、ヒアルロン酸注射に関する不安・疑問もぜひお気軽にご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都町田市原町田6-14-15
ヴィンテージビル3階

アクセス

小田急町田駅東口より徒歩1分