悩みで調べる

美容皮膚科ならではのにきび・にきび跡治療

頑固なにきびも、消えないにきび跡も、今度こそ治すために

にきび・にきび跡のお悩みを町田マリアクリニックが解決!

「にきび」といえば、10代の思春期で悩むイメージがありますが、最近では「大人にきび」という言葉などもあり、20代以降の方も多くお悩みを抱えています。
また、にきびがなくなったと思いきや、今度はそれがにきび跡になってしまい、完治させるために様々な方法を試した方もいらっしゃるでしょう。

にきびとにきび跡の治療には、様々な方法があります。
まずは自分の肌の状態を知り、今あるにきびやにきび跡を治すだけではなく、次のにきびができにくい肌を作っていく治療も行うことが根本的な解決策です。

にきびとにきび跡がお顔の中で混ざっている場合もあり、それによっても治療は異なるため、まずはカウンセリングで今のお悩みをお気軽にご相談ください。

にきびの種類

まずはにきびを正しく理解することから

一言で「にきび」といっても、その種類は様々あり、初期の段階で正しい処置を行わないと症状はどんどん進行していきます。
まずは自分のにきびの状態を知り、これ以上悪化させないことが最重要です。
無理に潰したり、中身を押し出したりすることはせず、早めに医療機関を受診しましょう。

にきびの種類 原因・特徴 注意点
白にきび 毛穴が開き、溜まった皮脂や汚れで黒く見える状態 にきびの初期段階のため、ここで正しいスキンケアを行わないと黒にきびや赤にきびに変化する
黒にきび 毛穴が開き、溜まった皮脂や汚れで黒く見える状態 爪やプッシャーなどで押し出すなどの自己処置は避けるべき
赤にきび アクネ菌など細菌によって毛穴内部が赤く炎症を起こしている状態 そのままにしておくとニキビ跡になる可能性が高い
黄にきび 赤にきびが進行して、中心に黄色く膿が溜まっている状態 膿による周りの皮膚への感染を防ぐため、なるべく早く皮膚科などの医療機関を受診するべき

にきび跡の種類

町田マリアクリニックはにきび・にきび跡の無料カウンセリングが可能

にきび跡は、赤にきびや黄にきびで起こった皮膚の炎症が、皮膚の深層に残ってしまうことが原因で起こります。
白にきびや黒にきびでは、ほとんどにきび跡が残る心配はありません。

にきび跡も、にきびと同じく、どのタイプかによって、適した治療が異なります。
町田マリアクリニックでは、しっかりと患者様のお肌を診断し、その上で治療を決定いたします。
気になることは何でもご相談ください。

にきび跡(色素沈着タイプ)

にきび自体が治っても、赤みやシミのような斑点が消えないのが、色素沈着によるにきび跡です。

赤にきびのように皮膚が炎症を起こしているときは、周囲の破壊された組織を修復しようと毛細血管が発達し、細胞も活性化しているため、赤いにきび跡が残りやすい状態です。
このとき、日焼けの原因にもなる色素であるメラニンも、肌を守るために過剰発生するため、茶色い色素沈着も起こります。

お肌のターンオーバーにより、少しずつ薄くはなりますが、ダメージが大きいと肌が回復するまでに時間がかかってしまいます。
おすすめの治療は、ケミカルピーリングやフォトRF(オーロラ)など、お肌のターンオーバーを促進する治療です。

にきび跡(クレータータイプ)

クレーターとは、お肌がデコボコした状態を指します。
にきびの炎症で破壊された皮膚組織が、元に戻らないまま、修復できていないことで起こります。

また、お肌の深層までダメージが行き届いていると、毛穴が開きっぱなしになり、クレーターだけではなく毛穴も目立つお肌になってしまいます。

お肌のどの程度までダメージが進行しているかによって治療方法は異なりますが、肌の再生を手助けするニューダーマローラーはにきび跡の治療でおすすめです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングによるにきび治療

町田マリアクリニックのケミカルピーリングによるにきび治療

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を肌に塗ることで、角質をやさしく除去し、肌のターンオーバーを促進させる施術です。

ターンオーバーとは、皮膚の古い角質や毛穴の汚れが自然とはがれることであり、にきびの改善のためには非常に重要です。
ケミカルピーリングによって肌が再生すると、毛穴の詰まりも自然と排出されるようになるため、にきびの予防効果にも繋がります。

痛みが少なく、ダウンタイムがないため、次の日にはメイクをしてお出かけいただけます。(サリチル酸マクロゴールは、施術後12時間メイクをお控えください)
まれにピリピリ感やほてり、かさつきが出る場合もありますが、治療過程の症状で一時的なものです。

町田マリアのケミカルピーリング

町田マリアでは、より効果の高いケミカルピーリングの治療を行うため、3種類の薬剤から患者様にそれぞれに最適なものを選び、使い分けています。

・グリコール酸
日本人の肌に合うため、最もよく使われる薬剤です。ニキビ治療に最適です。
・サリチル酸マクロゴール
ピーリング効果が高い薬剤です。
・乳酸
肌への刺激が少ないことが特徴です。同日にフォトRFの治療も行うことができます。

ケミカルピーリングは、薬剤の選択が効果に大きく関わる治療です。カウンセリングを通して、患者様のにきびの状態を詳しく診察いたしますので、にきび治療に不安がある方も安心してお任せください。

ニューダーマローラー

ニューダーマローラーによるにきび治療

町田マリアクリニックのニューダーマローラーによるにきび治療

ニューダーマローラーは、凸凹とクレーター状になってしまったにきび跡でお悩みの方におすすめの治療です。

今あるにきび跡を、ただ改善させるだけの対症療法というよりは、肌質そのものを改善する根本治療です。
極細の針がついたローラーを肌の上で転がし、肌表面に目に見えないほど小さな穴を空けていきます。

ご自身のコラーゲン生成を促進させるのが目的の治療ですので、長期間効果が持続することが特徴です。

町田マリアのニューダーマローラー

ニューダーマローラーは、治療効果は大きいですが、治療前の衛生管理や治療後のスキンケアには注意が必要な治療です。
通常、自分で行わなければならない場合が多い治療前のクレンジングや、注意が必要な治療後のスキンケアは、町田マリアではスタッフの手で丁寧に行います。

また、町田マリア独自のポイントして、ニューダーマローラーと同時に「プラセンタ」または「ビタミンC」の導入も行っております。
併用することで成分が浸透しやすくなるため、さらに効果がアップします。

フォトRF(オーロラ)

フォトRF(オーロラ)によるにきび治療

町田マリアクリニックのフォトRF(オーロラ)によるにきび治療

フォトRF(オーロラ)は、従来のフォトフェイシャル治療に使われている光エネルギーとRF(高周波エネルギー)を組み合わせた進化版の治療です。
光と高周波の力で、お肌にダメージを与えることなく、ニキビによる赤みや、色素沈着したニキビ跡を改善させます。
また、皮脂の過剰な分泌を抑える効果もあるため、新しいニキビの発生を予防することもできます。

ピーリングと異なる点は、薬剤を直接肌につけることがないため、肌が弱い方でも治療を受けられる点です。
お肌の奥深くまで届くレーザーですが、痛みが少ないので、美容医療が初めての方でも安心して受けていただけます。

町田マリアのフォトRF(オーロラ)

同じフォトRFを使った治療でも、施術を担当するスタッフの技術力やお肌への理解で効果の程度は変わります。
患者様それぞれで肌質や体質は異なり、マニュアル対応では効果が薄いだけでなく、事故にも繋がりかねません。

町田マリアクリニックでは、どのスタッフでも最高水準の施術がご提供できるよう、技術力向上のための勉強会や症例の情報共有などを定期的に行っています。こうした日々の取り組みが、患者様お一人おひとりに最適な治療をお届けできる理由です。

まずはお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同あなたの豊かな暮らしを応援します!

  • ご予約はこちら
  • 無料相談はこちら